counter そうさめも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告
--.--.--[--] --:--

藤子・F・不二雄のSF短編集

こないだ漫画喫茶で働く友人とまんがの話をしていました

「藤子不二雄だったら21エモンが一番面白かったなあ」
「へーそーなんだー」

数日後

「21エモン読んだよ」
「なんで読めるんだよあんな昔の漫画」
「うちにあったよ」
「なんであるんだよ!馬鹿!行く」

となったのでその漫画喫茶へ出かけることにしました
ほんとに21エモンが置いてあったのにも感動したけど

200810051035000.jpg
中央公論社版のSF短編集が普通に置いてあるなんて!
絶対この漫画喫茶おかしい
この表紙見て懐かしすぎて言葉にならないくらい感動したので記念に撮影してきました
小学1年生の頃この1巻と2巻を読んで軽くトラウマになったのをよく覚えています
こんなもん年端も行かない子供に読ませたら駄目です

でもこの短編集は子供心にすごく印象深くて忘れられず
大きくなってからぶあつい愛蔵版で買いなおしました
読んだことない方いらっしゃったら超おすすめ今は文庫とかでも出てるしほらさあほらほら

上では21エモンが一番とか言ってますが一番面白かったのはやっぱりこれかなあ
あとチンプイとTPぼんとかで迷う感じ

この漫画喫茶は他にも愛蔵版の少年時代があったり愛蔵版の藤子Aブラックユーモア短編集があったり
俺の空が全巻あったり手塚治虫のロストワールドとかそのへん(さすがに文庫)が全部あったり
天才バカボンもおそ松くんもあるしすごいいいとこだなというか普通おいてないよというか
絶対この漫画喫茶おかしい

まあこれ3週間前くらいの話ですけどね
もっと色々書きたいことあったはずなんですが忘れたまたてきとうに書く

最近ひとに みせろ(ゲームグッズ専用ブログ)の方ばかり更新してます
はてなのシステムよくわかんないので1日1記事に決めて適当にぽんぽんあげてます
すでに実際の日付からずれ始めています
たのしい
Category:まんが
コメント(4) トラックバック(0)
2008.10.25[Sat] 01:37

コメント

 ちょ!なにその素敵な店!ずるい!
中野 URL 編集
2008.10.25[Sat] 04:29
今度こんなんwowowでやるみたいっすよー
http://www.wowow.co.jp/drama/fujikof/
うに URL 編集
2008.10.25[Sat] 09:15
やべえwwwwかわい子くんの実写化はストーリー的にすんごいアリな気がしてた。


つかうちの近所の図書館、F短編集の愛憎版が全巻普通にあって、もちろん常に誰にも借りられていない。いつも本棚のすみで私に借りられるのを待っているので重いけど何回も借りてるよ。君の愛憎版とはまた違ったぜ。白い本。

中央公論社版なんだ!!元祖は!!あちいね!!
リアルタイムで子供の頃見てた漫画って表紙の思い入れとかすごいよね!!今はあんま表紙も何も気にしなくなったけどなぜ、小さい頃の漫画は表紙をすごく覚えてるのだろうか。。。切なくなったよ。ノスタルジーを感じたよ。ノスタル爺を。

てゆうかノスタル爺、、、切ないよね、というか怖い。
けろ URL 編集
2008.10.25[Sat] 22:42
>中野さん
絶対オーナーの趣味ですよねえこれ
でも最近の漫画というかちょっと前の漫画とかあんまりないんですぜ
一長一短なんですぜ

>うにさん
なんすかこのすばらしい企画は!
思えばあの短編はドラマ向きっぽくもありますねえ
超観たいんですがwowowないのでDVD化を待ちわびます

>ケロさん
かわい子くんのあの絵の微妙なぶさいくさの表現はさすがF先生だよねえ
え、そんなタイプの総集編出てるんだあのコロコロみたいなやつじゃなくてだよねみたことないな文庫かな
元祖がこれかどうかわかんないんだけどカメラシリーズとか左江内氏とかこのほかにも短編もっとあったから後でまとまった感じじゃないかなあと勝手に思っています
TPぼんも中央公論社だったよねえ懐かしい
そうなんだよ表紙すごい覚えてるんだよあさりちゃんとか超おぼえてるよなつかしいよ
ノスタル爺どうしようもないよねほんとあれは小さい頃読まなくてよかった切ない辛いレス長いごめん
ミキ URL 編集
2008.10.26[Sun] 02:21

コメントの投稿





管理者にだけに見せる

トラックバック

トラックバックURL
http://miki800.blog6.fc2.com/tb.php/1625-03bdadd0

TOP

プロフィール

ミキ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: